Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://capmori2.blog49.fc2.com/tb.php/207-9335a619

トラックバック

コメント

[C169]

乙!
3年後まで続いてるといいなあ
  • 2009-02-01 20:19
  • 森崎名無しさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ベストバウト人気投票結果

初音「皆さんこんにちは。最近ちょっと出番が増えて嬉しい作者の分身、塩田初音です。
2009/01/18(日)00:00~2009/01/31(土)23:59の間にhttp://morosaki.s344.xrea.com/vote/vote31/bbs.cgiにて
行っていた中学生全国大会編~Jrユース大会編の試合の人気投票の結果をこの記事で
紹介いたしまーす。さて、どの試合の注目度が高かったのやら?」
 
琴音「と言う訳で、ここからは私と姉さん二人で下の順位から発表していきまーす」

初音「ちょっと、なんでアンタがここに居るのよ?」

琴音「だって…舞台がブラジルオンリーだから、最近ちっとも出番が無いんだもん」

初音「全く、オリキャラの癖にでしゃばろうとして…コホン。それでは発表開始です!」



13位(1票):ふらの VS 南宇和・アルゼンチン VS イタリア

初音「最下位には見事、敵チーム同士のこの2試合が並びました」

琴音「前者は数行で終わっちゃったから妥当だけど、後者はディアスくんVSヘルナンデスくんとも
言えたからもうちょっと票が集まると思っていたわ。なんだか意外ねえ」

初音「アルゼンチンはそのすぐ後の全日本との試合の方が更にド派手になったからかもね」

★実はここで森崎が南宇和を応援したのが、ふらののケチの付き始めだったのではないかと思っているw

初音「ちなみにこれはふらの VS 南宇和に寄せられたコメントです」

琴音「森崎くんが南宇和を応援したら、ふらのがやる気を出して圧勝しちゃったのよね」

★敵チーム同士の白熱した試合が好きなので。こういう試合をWY編でもたくさん見てみたいです

初音「こっちはアルゼンチン VS イタリアのコメント。白熱してはいたけれど、
試合自体は3-0でアルゼンチンの完勝だったから…そういうのでも良いのかしら?」

琴音「良いんじゃない?毎試合1点差で決着がつくのもそれはそれで面白くないし。
WY編でも敵チーム同士の試合は結構深く描写されるよ!楽しみにしていてね!」



10位(2票):南葛 VS 東一中・西ドイツ VS ウルグアイ・東邦 VS 明和東

初音「次は3試合も横並びになった10位。ここでも2試合、敵チーム同士の試合が入っています」

琴音「ここら辺は妥当な順位かしら?南葛 VS 東一中はずーっと前の話だしね」

初音「その頃の試合を読み返すと、今とは全然違うシステムだったわね」

★早田とのファーストコンタクト、井沢と長野の友情、そして空気を読めない翼。
2さん最初の試合と言うこともあり地味にターニングポイントなった試合

初音「南葛 VS 東一中のコメントです。あれから随分変わったわねえ」

琴音「2は翼くんの性格を徐々に変えて成長させていきたかったんだけど、
この頃はまだまだ自己中で森崎くんの事を認めていなかったのよ。上手く描写できたかしら?」

★ビクトリーノの再登場を願って

初音「西ドイツ VS ウルグアイのコメントです。ビクトリーノくんは原作でもテクモ版でも
ほぼ毎回かませ犬にされるキャラなのよね…たまに主人公チームの前に立ちはだかるけど」

琴音「WY編ではちゃんと出番を用意したからね。火野くんも出るわよ!」

★プライスレス・・・
★プライスレス

初音「東邦 VS 明和東のコメントです。え~、なんていうか…アハハ…」

琴音「沢木くんとか成田くんとか、今何処で何してるんだろうね…」



9位(4票):南葛 VS ふらの

初音「続いて9位、南葛 VS ふらのです。4-2で比較的楽勝だったせいか、
あんまり人気上位の試合じゃなかったのかしら?」

琴音「最終スコアはともかく、中身は結構南葛が苦しんでいたんだけどね」

★松山に疫病神?が取り憑いた試合w
★松山に幸ありますよう・・・
★さわやか旋風がこんなに反則まみれになるとは…。松山の不幸の始まり。
★来生伝説の始まり。それまではただの馬鹿だったのにw

初音「この試合には4つのコメントがつきました。その内の3つが松山くんを案じる物です」

琴音「それまでは解説役位しか出番が無かったけど、この試合を境目にどんどん不幸キャラの
坂を転がり落ちていく羽目になったのよね。まあ、何時かは良い事あるわよきっと」

初音「それともう一つ。この試合は今までは役立たずの代名詞だった来生くんがまさかの
大活躍をしてその後も点を取っていく有力選手に変身しちゃった試合でもあったのよね」

琴音「あまりにも覚醒しまくって次第に滝くんと井沢くんが置いていかれたから
2としては焦っていたそうよ。後に追いついてくれたけどね」



8位(5票):全日本 VS イタリア

初音「次は8位についた全日本 VS イタリアです。Jrユース大会の緒戦だけあって、
あまり難易度は高くない試合だったわね。ネオタイガー、スカイドライブ、ローリングオーバーと
新必殺技の連発でヘルナンデスくんもヘタレナンデスくんに変えられちゃったし」

琴音「山森くんカッコよかったな~…ああ、今思い出しても」

初音「トリップしてんじゃないわよ!」

★山森くんがヘルナンデスからゴールするとは思わなかった。不動のレギュラーを決定付けた試合。

初音「まあ、2も山森くんがヘルナンデスくんから得点したのは予想外だったわ」

琴音「ふっふん♪ワールドユース編でも山森くんは大活躍に決まってるわ♪」

初音「それ以上にイタリアの大逆襲がありそうだけどね…」



7位(8票):全日本 VS 西ドイツ

初音「第7位は、Jrユース編の最終決戦の全日本 VS 西ドイツでした!」

琴音「もうちょっと高い順位に行ってほしかったけど、なにぶん若干楽勝気味だったからねー。
もっと接戦だった試合に比べると人気が落ちちゃのは仕方が無いかも?」

★ほぼ全員に見せ場があった
★やっぱ決勝 絶望的な1対1でまさかのクラブAの降臨など燃える展開が多かった
★やっぱり最後ということで感慨深かった

初音「これがコメントです。一応盛り上がる試合にはなっていたんだけど…」

琴音「シュナイダーくんが最初の1対1を決めていればもっと
緊迫感あっただろうにねー。カードの神様って中々意地悪だわ」

初音「カードはむしろ魔物だと思う…」



6位(15票):全日本 VS フランス

初音「6位になって票が2桁に跳ね上がりました。全日本 VS フランスです!」

琴音「最初はここが一番ザコっぽかったからどうしようと思っていたけど、翼くんの出場停止、
ホームタウンディシジョン、日向くん温存、アモロくん強化、スライダーキャノンのフライング登場、
控えメンバーの活躍など見所を増やせたわね。それでも最終スコアは4-1だったけど」

★修哲トリオが熱かった!
★WRENCHさんのプリコーSSでの久我山の大虐殺を思い出した。
★井沢が輝いていた
★たまには控えメインの試合があると嬉しいよねってことで。
★ピエールを抜いた井沢、ホームタウン(ryにきっちり引っかかる来生、
 何度もサイドアタックを決めた滝、みんなよかった
★25cm

初音「コメントでも修哲トリオの活躍を喜ぶ声が多いわね。この試合で井沢くんや滝くんも
来生くんに負けない成長と存在感を発揮してくれてなによりだったわ」

琴音「25センチに関してはノーコメント!」



初音「さ~ていよいよベスト5の発表なんだけど…トップを除いて、もんの凄い接戦だったわよ!」

琴音「4位と2位が二つずつあって、しかも1票差しかないんだもの。これはビックリしたわ」



4位(23票):全日本 VS ハンブルグ

初音「まずは2がおそらく1位に輝くであろうと考えていた全日本 VS ハンブルグよ!」

琴音「1-5のボロ負けだった原作を覆せたって言うのが人気の秘訣ね、きっと」

初音「キャプ森でも結局は負けると思ってデータを作っていたんだけどねー。
若林くんの大不調と森崎くんの奮闘でなんとハンブルグが追い込まれるとは…」

琴音「ここで全日本が勝っていたらその後盛り上がりに欠けていたかもね」

★(日本側は)総力戦!

初音「幸い、”このままじゃ西ドイツJrユースには勝てない”って言う緊張感が保てて良かったわ」

琴音「肝心の西ドイツJrユースはカード運が悪かったけどね」

★ここから日本の快進撃がはじまった

初音「考えてみれば、原作よりずっと強くなっているのよね全日本Jrユースって」

琴音「毎回苦戦させるのに苦労させられたもんねー」

★中身が濃すぎた!

初音「一番盛り上がった試合だったかも知れないわね」

琴音「2の方もノリノリで書いてたしね」

★若林ヘタレ伝説の幕開けw+シュナイダーの最後の意地が良かった

初音「ホント、若林くんはどうしちゃったのかしらねえ」

琴音「弱体化したとは言え、全日本の前に巨大な壁として立ちふさがってほしかったんだけど…」

★シャナイダーかっこいいよシャナイダー

初音「思い出す度に2が赤面するミスだわ」

琴音「別のアニメのネタまで絡められちゃったしね」

★JY大会は若干余裕があったし、これが森崎が一番奮闘した試合だと思う。

初音「ノン・ファイヤーまで止めちゃった時は流石にビックリしたわ~」

琴音「シュナイダーくんと森崎くんのライバル関係が見られるのはキャプ森だけ!」



4位(23票):南葛 VS 比良戸

初音「もう一つの同率4位は南葛 VS 比良戸でした!」

琴音「この試合では次藤くんが大活躍だったし、佐野くんも目だっていたのよね~。
二人ともJrユースに入ってからは落ちぶれちゃったけど…」

初音「南葛中をPK戦まで追い詰めたのは比良戸だけだからね。凄いっちゃ凄いわ」

★あのラストをリアルタイムで見られたのはいい思い出

初音「PK戦をやったのはあの試合だけだったわね」

琴音「結局両キャプテンが役立たずで終わったPK戦だったのも感慨深いわね」

★策士 じとう・・・今では頼れる壁。

初音「この試合に向けて次藤くんは数々の秘策を用意していたのよねー」

琴音「Jrユースではキャプテンになれなかったせいか、シュナイダーくんに完敗して
自信を失くしてしまったせいか、そう言った策士の面は見られなくなっちゃったのが残念ね」

★次藤の田岡キャラが良かったw

初音「2は”もうちょっと早く伏線を張っておけばよかった…”って後悔していたそうよ」

琴音「予想通りにはいかない物だから、しょうがないと言えばしょうがないんだけどね」

★燃えたぜ

初音「シンプルで分かりやすいコメントね」

琴音「熱く盛り上がればそれだけで名勝負!って事ね」

★来生のシュート(11)を佐野のKで防いでしまったのは俺w

初音「この人でも結局来生くんの覚醒は防げなかったのかしら」

琴音「むしろここで活躍していたらその後覚醒していなかったかもね」



2位(24票):全日本 VS アルゼンチン

初音「そして次!同率2位の一角、全日本 VS アルゼンチンです!
この試合は予想外の展開が連発で2もお気に入りだったのよ!」

琴音「Jrユース大会で全日本がもっとも苦戦させられた試合だったと言えるわね!」

初音「まさかの翼くんがレッドで一発退場…若林くんが為す術無し…
そして森崎くんのフィールダー出場!もう原作の影は見るまでも無かったわね」

★西ドイツ戦もいいけどやっぱりこっちに

初音「西ドイツJrユースよりずっと苦戦させられたものねえ…」

琴音「ズバ抜けたドリブラーが居ると、それだけで苦戦しちゃうみたいね」

★森崎のフィールダー出場という意外な展開がイイ!

初音「森崎くんのドリブル能力が光った試合だったわね」

琴音「そりゃ~、翼くん並のドリブラーが一人増えたらそれだけで厄介よ」

★意表を突いた展開だらけでとても面白かった!今でも時々読み返してる

初音「嬉しいコメントだわ」

琴音「これからも何回も読み返したくなる面白い試合を書ける様努力しなくっちゃね」

★翼のダメっぷりとディアスの最強っぷりが目立った

初音「ディアスくんは能力以上にカード運が凄すぎて…」

琴音「翼くんが一番被害を受けていたわね」

★予想外の展開が多くて面白かった

初音「予想できない展開。それこそが熱い試合の秘訣かもね」

琴音「最初からどうなるか分かっていたら面白くないものね」

★キャプ翼との比較という点においてキャプ森の味が最も濃くなった試合だった

初音「原作からかけ離れた展開が目白押しでした」

琴音「ハンブルグ戦辺りからもう原作の展開はほとんど無くなって行ってたけどね」

★可哀想になるくらい翼ざまぁだった

初音「かわいそうなのかしら、それともざまをみろなのかしら(笑)」

琴音「原作の翼くん程には嫌われていない…のかしら?」

★原作以上に脅威的に感じたディアス、フィールダー森崎の活躍、
 そして若林と翼の無様っぷりなど見所が多い試合でした

初音「原作との対比、と言う点で魅力が出せたのがなによりね」

事音「ワールドユース編からはそれに頼らず独自の魅力を出していかないといけないのが大変ね」



2位(24票):南葛 VS 東邦

初音「更にもう一つ同率2位!中学生全国大会編決勝戦、南葛 VS 東邦です!」

琴音「2の予想ではこれかハンブルグ戦が1位に来ると思っていたのよね~」

初音「テクモ版でも原作でも常に日向くんは強敵。もう一種の様式美よね」

★衝撃の結末。あの感動は忘れない

初音「最後の最後でまさかの枠外!タイガーオーバーヘッドが外れちゃうなんてねえ…」

琴音「延長戦も見てみたかったわ~」

★マリグナントツインは燃えた

初音「ミラクルドライブにマリグナントツインにタイガーオーバーヘッド…新技出すぎよ!」

琴音「惜しむらくは、マリグナントツインの出番はおそらくもう無い事かしら」

★終わった後の達成感、次のステージへの期待感。最高でした

初音「勝てないかも知れない程の強敵。それがボス戦って物よね」

琴音「大丈夫かな?と思いながらデータを組んでいたのよね~」

★一つ一つのゴール、展開が最後まで神がかっていた。

初音「一進一退の繰り返しだったものねえ」

琴音「最後の最後まで勝敗が分からないって言うのが理想の決勝戦よね」

★延長に入ってたら負けてたかもなー

初音「あの時点で翼くんも森崎くんもガッツが切れてたから、辛かったでしょうね」

琴音「ただ、日向くんもヘトヘトだったし若島津くんは整備不良がかさんできていたけどね」

★まさかの来生無双には大笑いさせてもらいました

初音「その後若林くんからも点を取っちゃいました」

琴音「ホント、どうしてあんなに強くなっちゃったのかしら…」

★大きな節目であり、色々と完璧な試合だったと思う

初音「西ドイツJrユース戦が見劣りしちゃう位だったわね」

琴音「私も登場できたしね。キャッ♪」

★イベント・カード運・試合前ミーティング含め、全ての面で
 決戦に相応しいテンションが炸裂していたと思う。

初音「決戦の前にはたっぷりとじらした方が良いって事よ」

琴音「ちょっと下品よ、姉さん」

初音「そんな風に受け取るアンタの方が下品よ!」

★ここまで盛り上がるとは思わなかった!

初音「決勝戦だもの。盛り上がってくれなくっちゃ困るわ」

琴音「原作の試合でも南葛 VS 東邦はきっとベストバウトに選ばれるだろうしね」

★最後の展開は用意されたとしか思えない程見事w

初音「森崎くんがガッツ切れだったから、きっと3点目で延長突入だと思っていたのよ」

琴音「カードの魔物って怖いわねー」



琴音「あれ?南葛 VS 東邦も全日本 VS ハンブルグも全日本 VS アルゼンチンも
もう全部紹介されちゃったけど…1位は一体どの試合なの?」

初音「1位はね…」



1位(41票):南葛 VS 花輪

琴音「えーっ!?もう随分前の試合なのに!」

初音「これがトップに来るとは完全に予想外だったわ。1-0なんて
リアルサッカーっぽいロースコアの試合はこれだけだけど」

琴音「う、う~ん。まあ見所はあったのよね、見所は!」

初音「ええ、あったわよ。立花兄弟の大技を次々と防ぐ森崎くんに、負傷退場した翼くんの
穴を埋めるべく奮闘したフィールダー達。だけどなんと言ってもこの試合一番盛り上がったのは…」

★吉倉の鉄壁と決勝ゴールに涙した
★吉倉…君こそSGGKだ
★最後まで白熱した戦いだった
★ユース編では吉倉の再登場はあるのだろうか……
★吉倉・・・

琴音「うわあ…吉倉くんコールが凄いわね」

初音「ザコキーパーのまさかの奮闘って凄く盛り上がるみたいね。データ上花輪は守備が
弱いチームなのに、南葛の誇る豪華攻撃陣の波状攻撃に耐えに耐え抜いたのよ」

琴音「でも流石にユース編で吉倉くんが出てきても皆困ると思う…」

初音「若島津くんがフィールダーに完全コンバートしても、第4のキーパーは加藤くんだろうしね」

琴音「加藤くんってふらの高校には行かなかったんでしょ?まだサッカーやってるのかしら?」

初音「う~ん、テクモ版4では何故か立花兄弟と同じ大学チームに居たから続けてるんじゃない?」



初音「以上、キャプテン森崎ベストバウト人気投票の結果発表でした~!」

琴音「沢山の投票とコメントを有難うございました!そして698さん、何時も有難うございます!」

初音「ワールドユース編も終わったら、記念にベストバウト投票を行いたいわね!」

琴音「…何時になるの?それ?」

初音「…3年後くらい?」



キャプ森面白いな、参加者がもっと増えて欲しいな、と思ったら↓のクリックをお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://capmori2.blog49.fc2.com/tb.php/207-9335a619

トラックバック

コメント

[C169]

乙!
3年後まで続いてるといいなあ
  • 2009-02-01 20:19
  • 森崎名無しさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

書いてる人。

Eメールを送りたい場合は capmori2あっとhotmail.co.jp へどうぞ。あっとは@に変えて下さい。

2hatsune

Author:2hatsune

FC2ブログランキング

面白いなと思ったらクリックして下さい。

FC2Blog Ranking

これまでの観客数

ただ今の観客数

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。